記事一覧
 大仙市商工会
●職員だよりVol.163 『銀杏並木』 『大仙市商工会』
初めてこんな素敵な銀杏並木を目にする事ができました。木々の隙間から光が差し込み、まさしく黄金色した落葉のじゅうたんのような美しさでした。ところでどこの銀杏並木かご存知ですか?
無知な私ですが、かなり有名スポットらしく訪れた方もおられると思いますが、正解は『東京大学の本郷キャンパス構内』でした。
先月後半、所用のため上京した際、宿泊先から目的地への近道だった事もあり、かなり敷居が高く感じる場所でしたが思い切ってスマホ片手に歩いてみました。左右に守衛所があり重厚な門柱で和洋折衷たる立派な『正門』がありました。恐る恐るその門を抜けると、あたり一面絵画に描かれるような銀杏並木がまっすぐ続きとてもロマンチックな空間で、目にした瞬間とても興奮した気持ちになりました。
休日の朝、早めの時間でしたので、犬の散歩・カメラを向ける人・外国人観光客もおり「一般人でも自由に入れるんだ!」と安堵しながら、見るものすべてが新鮮でとても癒されました。
銀杏並木を歩いて行くと、両脇にアーチ状のゴシック様式の建物が並び、トンネルのように向こう側をのぞいてみるとこの空間は何処かな? 欧米? 日本? さすが国内初めて近代的大学として設立された旧帝国大学と感じました。
そして、直ぐ目に入るのが立派にそびえ立つ『安田講堂』。昭和44年、過激派学生が機動隊と衝突した場所として有名だとか。他にも登録無形文化財に登録されている建物が数多くあるようです。
そしてもう一つ『三四郎池』。ちょうど紅葉が盛りで夏目漱石『三四郎』の舞台になった場所だとか。大学構内は東京ドーム11個分もある広い敷地のようですが、用事もあり足早に10分足らずの道のりでしたが、歴史文化をひしひしと感じながら歩いてきました。
今度は是非観光にて、あの有名な赤門や他に6か所の門があるようですし、一番はキャンパス内にあるカフェ・レストランに立ち寄ってみたいと思いました。
まだ訪れた事のない方には、雪の秋田から脱出し初冬の『東京大学本郷キャンパスの銀杏並木』をお勧め致します。


西仙北支所・武藤
 添付ファイル: 安田講堂 (1716KB)
正門 (1472KB)


●大仙市商工会ホームページに関するお知らせ 『大仙市商工会』
いつも当会情報をご覧いただきありがとうございます。
大仙市商工会・大仙市商工会青年部及び女性部の最新情報と金融情報・商工会の歴史等を掲載しております「大仙市商工会ホームページ」でしたが、システムの老朽化に伴い、更新を停止いたしました。


は2017年9月で更新を終了いたしました。最新情報は大仙市タウンネットをご覧ください。
今後の当会に関する最新情報や金融等情報、会員企業情報については「大仙市タウンネット」にてご覧いただけますので、下記URLよりアクセスください。
 関連リンク: http://shoko.skr-akita.or.jp/town-daisen/

●大仙市商工会報 DAISEN 第29号 『大仙市商工会』
大仙市商工会報 DAISEN 第29号を発行いたしました。
下記リンクよりご覧ください。
 関連リンク: http://www.shokokai.or.jp/05/054221aa04/index.htm

●職員だよりVol.162 『大仙市商工会』
先日、何十年振りにインフルエンザの予防接種を受けて来ました。ずっと予防接種自体で身体の調子が悪くなるイメージがあり敬遠していたのですが、多くの人の出入りがある支所に異動したことと、何より自分の身体のウイルスに対する抵抗力が衰えたことが予防接種を決意した理由です。
もともと身体は強いほうでは無いため、外出時のマスク着用や帰宅時の手洗い・うがい、消毒液があれば手がビショビショになるまでかけるなどウイルス対策は万全と思っていたのですが、どこで貰ったのか子供の三大夏風邪のひとつプール熱(正式名称:咽頭結膜熱)なるものを先日患ってしまい、身体の衰えを実感しました。

例年、これからの季節インフルエンザが猛威を振るいます。お医者さんの話しによると今年は予防接種のワクチンが不足しているそうですので、予防接種を予定している方はお早めに。

協和支所・田口
●職員だよりVol.161 今年こそ!?その後・・・ 『大仙市商工会』
前回、毎年今年こそ!と思いながら、なかなか実現できない減量について掲載したところ、遠方の方より反応があり、おかげさまでやっと私のやる気にスイッチがはいりました。
今年7月の健康診断は言うまでもなく、見事な数値であらゆる部門において自己ベストを更新!やった〜と喜ぶわけにはいかず、心底自分に厳しく心身共に健康な状態にしなければ?と強く決意いたしました。
しかし、過去の経験から、毎日の運動や食べたい(飲みたい)を我慢するなんて事は長続きしないと思い知っています。あれこれ考え、まずは増量の原因となった高カロリーの昼食を手作り弁当に変えました。おかずは毎日ほぼ同じですが意外に飽きません。その結果3ケ月で4s減らすことができ、『私の体は私が食べたものでできている』を実感しました。が、目標値には程遠く、寒くなってきてまた増えてきたのでどうしたものかと悩む日々です。

思い返せば、10s以上少なかった若い頃からずっと痩せたいと思い続けていたような・・・あの頃の自分に「そのままでいいから現状維持に努めなさい」と叱りつけたい(泣)

中仙支所・渡邊
●職員だよりVol.160 『大仙市商工会』
日増しに寒さが厳しくなり、秋田県各所で初雪、積雪も観測されるようになりました。FFの某車に乗っている私はこれからの季節どうなるものかと、秋田県の冬におびえている今日この頃です。
さて、この大仙市で働かせていただいてから約7カ月経過しておりますが、知識や経験以上に急激に増えているものがあります。それは、内臓脂肪です。かつて週末は地元に帰省しクラブチームでバスケをしておりましたが、それは過去の話……。最近では大仙市のとある精肉店を回り歩き、精肉にうつつを抜かす週末を送っています。その結果、当然のように体重は増え、以前はバスケットリングにぶら下がるのも容易でしたが今では体が重くヤクルトジャンプに…。これではまずいと感じランニングや筋トレをしようと思いつつ、はや数カ月経ち、もはやこの内臓脂肪は“越冬のために必要なモノ”という都合のよい解釈をするに至っております。12月3日(日)には男鹿市にてクラブチームの大会がありますので、さすがに少しずつ体を動かしたいと思います。(苦笑)

神岡支所・伊藤
●職員だよりVol.159 雪の降りはじめは要注意 『大仙市商工会』
11月も中旬に入り、朝晩の冷え込みが一段と強まり、間もなく本格的な雪の季節がやってきそうです。
そこで、気をつけたいのが雪の降りはじめに多いスリップ事故です。
長年、雪国で暮らし、雪には慣れているはずなのですが、毎年、雪の降りはじめは路外への転落や衝突といった事故を見かけるなど、怖い思いをした経験のある方も多いと思います。
既に冬用タイヤに交換された方も多いと思いますが、冬用タイヤは万全ではありません。
調べてみると意外ですが、直線道路はカーブに比べて3倍以上も多く事故が発生しているようです。
タイヤの性能や運転技術を過信せず、雪道では速度を出さないことが事故を防ぐうえで重要です。
自戒も含めて毎日の通勤等で慣れた道路でも、いつも以上の安全運転に心がけていきましょう。

本所・石塚
●職員だよりVol.158 大農祭と、ぎばちゃんチャリティーソフトテニス大会と、中尊寺 『大仙市商工会』
10月14日(土)15日(日)と大曲農業高校の仮装行列と大農祭に行ってきました。昨年は「秋の稔りフェア」と同日でしたが、今回は「新秋田の行事」と同日でした。仮装行列では息子のクラスは、ディズニーのキャラクターを演じていました。ちなみにうちの息子はアナと雪の女王にでてくる、トナカイのキャラクターらしいのですが写真をご覧いただければ一目瞭然で、クオリティーが低くて残念でした。

また10月21日(土)には、大曲の山の手ホテルの向かいにあるテニスコートで行われた、柳葉敏郎さん主催のチャリティーソフトテニス大会に、妹と出場しました。某大仙市商工会の前青年部長にはめられて(!?)ぎばちゃんと娘のさくらちゃんペアと同じリーグでした。見事にぼろ負けしました。天気が良くて気持ちよかったのですが、夜は妹とやけ酒を酌み交わしました。
10月28日(土)には、小学校の修学旅行以来の中尊寺に行ってきました。図らずも紅葉が見ごろを迎えていて、ユネスコの世界文化遺産に登録されていることもあり観光客でいっぱいでした。金色堂の金箔に目を奪われながら極楽浄土の世界を堪能してきました。きれいな紅葉の写真をご覧ください。
 添付ファイル: 柳葉敏郎さんチャリティーゴルフ大会 (258KB)
中尊寺 (2983KB)
中尊寺の紅葉 (4240KB)

大曲農業高校 仮装行列
大曲農業高校 仮装行列
●職員だよりVol.157 紅葉シーズン到来 『大仙市商工会』
朝の冷え込みも一段と厳しくなり、冬の到来が間近に感じられる今日この頃です。10月15日に行われた中仙地区のジャンボうさぎフェスティバル時には緑色だったドンパン広場の周りの木々も、あっという間に赤く色づき、今はもうあたり一面葉っぱの海となっています。テレビのニュースでも県内の紅葉情報が伝えられますが、やっと見頃になったと思ったら瞬く間に落葉に表示が変わってしまっています。短い間しか楽しめないものだからこそ、晴れた日に紅葉狩りに出かけられると幸せですよね。
ところで、皆さんは「もみじ」と「かえで」の違いって説明できますか?私は「もみじ」=「かえで」、かえでの別名がもみじだと思っていたのですが、改めて調べてみるとこういうことでした。
『植物分類上ではカエデとモミジは区別はしません。 植物学的にはモミジもカエデも「カエデ」と言い、どちらも分類上カエデ科のカエデ属の植物です。イロハモミジ、ヤマモミジ、オオモミジなど葉が5つ以上に切れ込んで掌状のものをモミジと呼び、それ以外のトウカエデ(切れ込みが3つのもの)などをカエデと呼んでいます。』とのこと。
要は、もみじはカエデの一種で、切れ込みが浅いのがカエデで切れ込みが深いのがもみじ。カエデの語源が『蛙の手(カエルデ)』ということから蛙の手みたいなのがカエデで、人の手みたいなのがもみじ。ということかと。今度山に行ったら葉っぱの形も観察してみて下さいね。

中仙支所・石郷岡
●職員だよりVol.156 『大仙市商工会』
毎日寒い日が続きますね。
今年は早くて9月の半ばあたりから急激に寒くなってきたように感じます。
通常であれば9月後半から始まるはずだった母の実家の稲刈りも、水害の影響や天候に恵まれなかったこともあり終わったのがつい先日・・・私がお手伝いをするようになって十数年になりますが、この時期までかかったことは初めてです。
その水害の影響もあり、今年は例年の半分くらいしか収穫できなかったようですが、ありがたいことに今年も新米をいだだけることになりました。

ところが、まだ去年のお米が1袋(30s)残っており、どちらのお米を先に精米して食べるかでちょっとした家族内闘争がおこり、唯一、家族で男一人の父が「せっかくだから新米を先に食べたい!」と強く主張してきましたが、女性陣に即却下され軽く凹んでいました。父には可哀そうですが新米を食べられるのはもうしばらく先になりそうです。

神岡支所・齊藤
詳細ページにもどる   前のページを見る   次のページを見る