記事一覧
 美馬市商工会
●日本政策金融公庫の各種融資制度(^o^)/ 『商工会よりお知らせ』
普通貸付基準利率 1.16%〜(令和元年年7月1日現在)融資制度、お使いみち、ご融資期間、担保の有無などによって異なる利率が適用されます。
経営改善貸付 1.21%(注)利率は、金利情勢によって変動します
。詳しくは美馬市商工会【脇町本所・美馬・穴吹・木屋平各支所】へご相談ください。m(__)m
 関連リンク: https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/index.html


●安楽寺の能舞台 『観光・みどころ』
寺院は仏の教えを伝える以外に伝統継承も大切な役割と考え、1996年4月に能舞台は誕生しました。能舞台は一般開放され能狂言の上演の他伝統芸能や講習会などにも使われています。

●伝説の山【剣山】 『観光・みどころ』
四国で2番目に高い山(標高1955m)山岳信仰の山として栄えた霊峰でもある。山頂付近には樹木はなく山登りやハイキンウに最適で豊かな自然を求めて多くの人々が訪れます。

●【労務相談】 『商工会よりお知らせ』
商工会に労働保険の事務委託をすると、事務処理が軽減されるとともに、労災保険に加入できない事業者や家族従業員も労災保険に特別に加入できます。労務問題・助成金制度の紹介も行っています。
●【経営者にも退職金を】 『商工会よりお知らせ』
小規模企業共済は国がつくった退職金共済制度です。掛け金にも共済金にも税制上のメリットがあり、事業資金等の貸付制度も充実しています。詳しいお問い合わせは商工会へ(^o^)/

●オデオン座 『観光・みどころ』
1934(昭和9)年に建設された回り舞台の付いた芝居兼映画用の劇場・山田洋次監督作品(虹をつかむ男)のロケ舞台となり現在は観光の要所となっている。

●和傘 『観光・みどころ』
昭和30年頃には200軒余りの和傘店が並んでいた美馬町地区。現在はただ2軒だけが昔ながらの手法で和傘を作っています。伝統工芸師が傘の骨になる竹を組立て飾り付けや漆かけを行い仕上げていきます。

●三木家住宅 『観光・みどころ』
忌部一族の末裔 三木家の住宅
堂々たる茅葺き屋根の寄棟造りで江戸時代初期に建てられたものと推測され、徳島県下最古の民家として昭和51年に国の重要文化財に指定された。

●ラッキー宮殿 『観光・みどころ』
旧穴吹町の郵便番号777にちなんで北斗七星の位置に型どり、穴吹地区の名所、旧跡七カ所に七年計画でミニ宮殿を建設したものです。

●寺町【安楽寺】 『観光・みどころ』
寺町はその名のとおりいくつものお寺が建ち並びまさにミニ古都の面影です。寺から寺へ静寂の空気を楽しみながら歴史散策を愉しめます。安楽寺は豪壮な山門が朱塗りであることから、赤門寺の名で親しまれています。

詳細ページにもどる