記事一覧
 京丹後市商工会 (Web)
●「海の京都旬の食材提供店」〜春期〜を募集します! 『商工会からのお知らせ』
 京都府北部地域『海の京都エリア』では自然の豊かさを活かした農産物や水産物などの豊富な資源がある地域です。
 海の京都エリアならではの旬の食材を地元で食べていただくことにより、観光客の誘客を図っていくとともにカニ以外の食材産地としてのPRや地産地消の推進による産業活性化を目指して、「海の京都旬の食材フェア」を実施します。
 
■募集期間 【春の旬の食材提供店】
 平成31年1月17日(木)〜2月8日(金)まで
 ※対象食材:
 (水産物)アカガレイ、マダイ、ハタハタ、マアジ、丹後とり貝(5月中旬〜6月下旬限定)※生育状況による
 (農産物)春キャベツ、山ぶき(4月・5月限定)、タケノコ(4月・5月限定)、イチゴ

■募集条件
1.海の京都エリアに所在し、飲食店営業・喫茶店営業許可等を有する店舗であること。
2.フェア期間中、指定する海の京都エリア内の旬の食材を使った昼食及びスイーツ、または飲み物を提供いただけること。
3.指定する海の京都エリア食材の使用をメニュー等に表示していること。
4.使用する指定された食材について、確実な仕入れルートを有すること。
5.フェアの取組に積極的に参加し協力的であること。
6.食品衛生法等関係法令を遵守していること。

■認定特典
 @各種媒体(HP、パンフレット等)へのキャンペーン告知、参加店舗のPR
 A旬の食材提供店の広報ツール(のぼり旗)の貸与等

■申請方法
 『「海の京都旬の食材提供店」募集要領』をご確認の上、認定申請書(様式1)に必要事項を記入し、営業許可書の写しを添えて、下記【応募・問合せ先】まで郵送、持参、FAX又はメールにてお申し込みください。 応募者には、後日、詳細を確認のため連絡します。
 
■募集・問合せ先
<宮津市・京丹後市・伊根町・与謝野町エリア>
 京都府丹後広域振興局農林商工部商工労働観光室 担当者:廣瀬
  〒627-8570 京都府京丹後市峰山町丹波855
  TEL0772-62-4304 FAX0772-62-4333
  E-mail:tanshin-no-shoko@pref.kyoto.lg.jp
 
 関連リンク: https://www.pref.kyoto.jp/t-no-shoko/news/shun-shokuzai-teikyouten-boshuu.html
 添付ファイル: 募集案内(チラシ).pdf (723KB)
「海の京都旬の食材提供店」募集要領.pdf (386KB)
「海の京都旬の食材提供店」認定申請書.xls (40KB)

●【講演会】2019年新春経済講演会の開催 『商工会からのお知らせ』
新春を迎えるにあたり、広い知見と有する伊藤聡子様を講師にお迎えし「地域の日本を変える!これからの企業のあり方」をテーマにご講演頂きます。
多くのご聴講をお待ちしております。
 
■日時
 平成31年1月31日(木) 午後3時30分〜午後5時(受付:午後3時〜)

■会場
 プラザホテル吉翠苑「羽衣の間」(京丹後市峰山町杉谷943)

■定員
 100名(事前申し込みをお願いします)

■申込み方法
 下記の添付ファイル「新春経済講演会チラシ」の聴講申込書に必要事項をご記入の上、本所又は各支所へご持参頂くか、FAXでお申込みください。

■お問合せ、お申込み
 京丹後市商工会 経営支援課
 TEL:0772−62−0342
 FAX:0772−62−3553
 
 添付ファイル: 新春経済講演会チラシ.pdf (7647KB)


●【講習会】第44回統計講習会(北部会場)開催のご案内 『商工会からのお知らせ』
情報通信技術の進展に伴い、"ビッグデータ"という言葉が新聞やテレビで度々取り上げられ、統計への関心が高まりつつある中、自治体や企業においては、データに裏打ちされた政策や戦略の策定、データに基づく客観的な評価など、様々な場面で統計の重要性が増しています。統計データ利活用の基礎的事項から、地域分析における事例を発表して頂きます。
どなたでも参加できますのでぜひご参加ください。
 
 今年度の統計講習会では、第1部として、行政においても証拠に基づく政策立案(EBPM)が求められている中、誤った統計データの解釈や、統計に騙されないためのポイント、可視化の重要性等、統計データ利活用に関する基礎的事項をお伝えします。
 また、第2部として、京都府企画統計課と与謝野町の職員が、織物業と農業が古くから盛んな与謝野町の現状を、統計という視点から分析しています。そこで、与謝野町の魅力を再発見し、得られた分析結果について発表します。

■日時
 平成31年2月1日(金) 13時30分〜16時30分(受付13時〜)

■場所
 みやづ歴史の館 3階 大会議室
 (宮津市鶴賀2164)

■テーマ・講師
第1部 「地域分析のための統計データ利活用入門」
 時間:13:35〜15:15
 講師:京都府政策企画部企画統計課 情報分析担当 主任 堤 敬司 氏
 
第2部 「データで見る与謝野町(地域分析)〜与謝野町のいま〜」
 時間:15:25〜16:30
 発表者:統計データ利活用市町村応援事業メンバー

■定員
 100名

■申込期限
 平成31年 1月24日 (木)

■申込方法
 電話・FAX・メール
 FAX でお申し込みの方は、添付ファイルの受講申込票をご利用ください。
 電話・メールでお申し込みの方は、北部会場での参加とお伝えください。

■申込・問合せ先
 京都府政策企画部企画統計課企画調整担当
 電話:075-414-4494 FAX:075-414-4482
 E-mail: kikakutokei@pref.kyoto.lg.j p
 
 添付ファイル: 統計講習会(北部)チラシ.pdf (514KB)

●【お知らせ】外食時の「おいしい食べきり」全国共同キャンペーン 『商工会からのお知らせ』
「食べきり運動」等を推進し、食品ロスを削減することを目的として、忘新年会の多い時期に、「おいしい食べ物を適量で残さず食べきる」ことを府民に重点的に啓発するためのキャンペーンを実施。
 
■期間
 平成30年12月〜平成31年1月

■共通キャッチフレーズ
 「おいしく残さず食べきろう!」

■実施内容
 @ 府内の飲食店・宿泊施設に対し、「おいしい食べきり運動」への協力を要請
 A 府の広報媒体を活用し、「おいしい食べきり運動」を府民に広報
 B 府職員が「おいしい食べきり運動」を積極的に実践

■実施主体
 京都府
 全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会参加自治体
 (47都道府県、326市区町村)
 
 関連リンク: http://www.pref.kyoto.jp/shokuiku/news/tabekiricampaign.html
 添付ファイル: 全国キャンペーンちらし.pdf (435KB)


●【補助金】「きょうと農商工連携応援ファンド支援事業助成金」公募のご案内 『商工会からのお知らせ』
■公募期間 平成30年12月3日(月)〜平成31年2月20日(水)
 この事業は、府内の農林水産業者と中小企業者が密接に連携し、それぞれの強みを活かして創業や経営の改善・向上を図る取組に対して助成金を交付し新たな京都ブランドの創造や地域経済の活性化を図ろうとするものです。
 
■対象事業者
 京都府内の農林漁業者と中小企業者の連携体

■助成率
 事業に直接必要な経費の2/3以内

■助成額
 1申請事業当たり 300万円以内

■助成期間
 平成31年10月31日(木)まで

■申請書提出先
 ※京丹後市、宮津市、伊根町、与謝野町で実施される事業については
 京都府丹後広域振興局農林商工部 企画調整室
 〒627-8570
  京丹後市峰山町丹波 855
  0772-62-4315

■お問い合わせ
 公益財団法人京都産業21クール京都推進部 TEL 075-315-8848
 
 京都府丹後広域振興局農林商工部企画調整室 TEL 0772-62-4315
 
 関連リンク: https://www.ki21.jp/noshoko/
 添付ファイル: 募集チラシ.pdf (455KB)
募集案内.pdf (5161KB)
申請様式.doc (120KB)

●【講座】ちーびず連続講座「カフェ営業を楽しく続けるコツ伝授します!【宮津編】のご案内 『商工会からのお知らせ』
ビジネスのプロ、中小企業診断士の講義で基本やポイントがわかります。
各回ごとにゲストの体験談があり実践的なお話が聞けます。
仲間づくりができる交流会を講座の時間内に実施します。
1回のみの参加も歓迎ですので、是非ご参加ください。
 
■対象
 カフェ営業、飲食加工品の製造・販売、食の宅配に関心のある方

■参加費
 各回500円(試食代)

■定員
 20名(先着順)

■会場
 マ・ルート(宮津市波路716−3)

■日程・テーマ
 第1回 11/7(水)
  お客様が喜ぶコンセプトに沿った商品企画・メニュー作り
 第2回 12/12(水)
  知っておきたい組織の知識 法人か個人か、営利か非営利か?
 第3回 1/9(水)
  知っておきたい許認可のこと 飲食店営業からHACCPまで
 第4回 2/6(水)
  安心して働き続ける場をつくる雇用やアルバイト活用について

■開催時間
 13:00〜15:30 (各回共通)

■申込みについて
 参加ご希望の方は下記必要事項をご記入の上、お申し込みください。
 FAX:075-414-4230 または Mail:chiibiz@pref.kyoto.lg.jpまで

・お名前
・所属
・電話
・E-Mail
・ご自身で取り組んでいる事業や活動など
・参加希望回 第1回 / 第2回 / 第3回 / 第4回

■参加申込締切
 各開催回の1週間前
 
■お問い合わせ・お申込先
 京都ちーびずくらぶ
  TEL : 080-3816-6998 FAX : 075-414-4230
  MAIL : chiibiz@pref.kyoto.lg.jp
「京都ちーびずくらぶ」とは京都府から委託を受けたちーびず推進員で組織され、府と協働して、ちーびずを推進する団体です。
 
 関連リンク: http://www.kyoto-chii.biz/chiitabi/cafemiyazu/
 添付ファイル: cafemiyazu.pdf (1213KB)

●【補助金】平成30年度京丹後市商工会織物関連業小規模生産基盤整備事業費補助金(2次公募)の開始 『商工会からのお知らせ』
 京丹後市と京丹後市商工会では、織物業の振興と発展を図るため織物業の生産基盤整備に係る取り組みに対して、必要な経費の一部を補助し支援します。
 
■対象企業
 市内の織物業者等が市内で実施すること

■補助率
 対象経費の1/3以内の額【上限10万円】(千円未満切り捨て)
 (対象経費の合計は3万円以上30万円未満)
 府・市の同様補助金に申請した事業者でも申請可ですが、同内容の事業は不可
 今年度、本補助金の交付決定を受けている方は10万円までの差額が上限となります。

■対象事業期間
 平成30年11月1日〜平成31年1月31日までに実施される事業が対象

■申請期間
 平成30年11月1日〜平成30年11月20日
 ※交付決定は平成30年11月30日ごろ

■申請方法
 交付申請書等に必要事項を記入いただき、見積書の写し(平成30年11月1日発行以降のもの)、営業実態証明書(商工会員以外の方)を添え、商工会職員へご相談ください。
 申請書等様式については、下記「様式」をダウンロードもしくは、商工会本所・支所窓口より入手ください。

■実績報告
 事業終了30日以内もしくは平成30年2月28日のいずれか早い方
 支払いについては振込にて精算すること。領収書(現金清算)は認めません。

■その他
 非会員は営業実態証明書の発行が必要。発行手数料1,500円(昨年同様)
 見積書、請求書は税別で記載してあるもの、写真は前後のものが必要です。
 
■お申込み・お問い合わせ先
 京丹後市商工会
  本所 TEL0772-62-0342 、  大宮支所 TEL0772-68-0038
  網野支所 TEL0772-72-1863、 丹後支所 TEL0772-75-2222
  弥栄支所 TEL0772-65-3137、 久美浜支所 TEL0772-82-0155
 
 添付ファイル: 織物業小規模生産基盤支援事業案内.pdf (112KB)
様式.zip (133KB)

●【相談】「事業継続・承継・巡回相談デスク」実施のご案内 『商工会からのお知らせ』
「後継者がいない」「事業を残したいけど何をすればよいのかわからない」「引継ぎの準備が思うように進まない」・・・そんな事業承継に関するお悩みを相談してみませんか?
 
公認会計士・中小企業診断士等の専門家が対応致します。相談内容に応じて専門家派遣を行うなど、継続的に支援します。《相談無料》

【京丹後市】
■日程 ※事前予約制
 平成11月13日(火)、平成31年1月29日(火)

■各日時間
 @10:00〜11:30、A13:00〜14:30、B15:00〜16:30

■会場 ※他の会場もございます。
 京丹後市商工会 2階研修室(京丹後市峰山町杉谷836-1)

■対象
 京都府内の中小企業の経営者及び支援機関

■定員
 各日3社(1社当たり90分)

■お問い合わせ
 公益財団法人 京都産業21
 京都中小企業事業継続・創生支援センター
 担当:寺田・磯江
 〒600-8813 京都府京都市下京区中堂寺南町134
 TEL 075-315-8897
 
 添付ファイル: 「事業継続・承継巡回相談デスク」チラシ・相談申込書.pdf (2839KB)

●【京丹後市より】マンホール蓋のデザインが使用できます 『商工会からのお知らせ』
 京丹後市では旧6町の魅力を表した合併前の6町のデザインマンホール蓋を作成しており、現在も町ごとに違うデザインのマンホール蓋を使っています。
 市の下水道に対する市民等の理解と関心を高め、本市のイメージ向上に寄与することを目的として、マンホール蓋のデザインの使用を認めています。
  
・京丹後市の下水道用マンホール蓋のデザインを使用する際には、あらかじめ使用承認を受けてください。
・なお、使用承認申請手続きや使用に関する遵守事項等は、「京丹後市下水道用マンホール蓋のデザインの使用に関する要綱」を確認してください。

■提出書類
 1.京丹後市下水道用マンホール蓋のデザイン使用承認申請書(下記添付)
 2.使用に際しての企画書等、使用内容が分かるもの
 3.申請者の概要
 4.その他、市長が必要と認める書類

■提出及び問い合わせ先
 京丹後市役所 上下水道部 下水道整備課
  〒627-0201
  京都府京丹後市丹後町間人1780番地(丹後庁舎)
  電話番号:0772-69-0550 ファックス:0772-75-0300
 
 関連リンク: https://www.city.kyotango.lg.jp/top/kurashi/jogesuido/2/5/8522.html
 添付ファイル: 京丹後市下水道用マンホール蓋のデザインの使用に関する要綱.pdf (622KB)
マンホール蓋デザイン.pdf (470KB)
1.京丹後市下水道用マンホール蓋のデザイン使用承認申請書.pdf (63KB)


●2018年『Tango Good Goods』優秀産品が決定しました! 『商工会からのお知らせ』
7月9日・10日Tango Good Goods認定審査会を開催し審査委員から推奨されました丹後産品について7月11日、認定推進委員会を開催し、協議しました結果、優秀産品に下記4点が認定されました。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
●地産食堂ひさみ/へしこパスタソース
●料亭千代乃家青春アヒージョ〜ハーブへしこのオイル煮〜
●パティスリーヴァニーユ/京都丹後野菜ゼリー
●春琴工房 西村商店/丹後ちりめん腹巻き
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
また、今年度の認定商品については応募者43業者、応募商品数85点のうち42業者84点を認定しました。なお、認定された商品はTango Good Goods認定品カタログを作成し、カタログと連動したホームページへの掲載及び、10月13・14日に宮津市民体育館で開催の第20回Tango Good Goods 見本市において展示即売会を実施します。
 
 関連リンク: http://tango.jibasan.jp/


詳細ページにもどる   次のページを見る