記事一覧
 (有)クリーニングベル
●汚れで、もう着れない? 『わが社の一押し』
お客様より『少しきれいになればいいかな〜』とのご要望でお預かりしました。
ハーフコートです。
この仕事を始めて、20年の経験で分かるのです。
続きはこちらから↓
 関連リンク: http://cleaning-bell.jp/archives/2331


●気が付かないうちに!(黄変トラブル) 『わが社の一押し』
着用後は何もなかったと思っても、時間の経過と共に汗や汚れが酸化して黄変してしまった… そんな状態の綿と絹の混紡のジャケットです。
続きはこちらから↓
 関連リンク: http://cleaning-bell.jp/archives/2330


●夏物法衣をたくさんクリーニング! 『わが社の一押し』
たくさんの夏物の法衣をお預かりしました。
真夏に着用したものなので、水洗いできるものはしました。
汗などが取れてさっぱりしました。
続きはこちらから↓
 関連リンク: http://cleaning-bell.jp/archives/2329


●ダッフルコードのボタンンは「スペシャルガード」で! 『わが社の一押し』
ダッフルコートのツノがクリーニングに出したら割れてしまった。
他にもベルトのバックルや貝ボタン・特殊なボタンが割れてしまった。
クリーニング業界では、これらのクレームがよくあると聞きます。
続きはこちらから↓
 関連リンク: http://cleaning-bell.jp/archives/2328


●ニットのボーダー、ねじれてる? 『わが社の一押し』
ニット製品によくある、よじれ!
このセーターは、肩から胴体がねじれていました。
着た時に見た目があまり良くないので直しました。
続きはこちらから↓
 関連リンク: http://cleaning-bell.jp/archives/2327


●おいしいから食べられた?(虫食い) 『わが社の一押し』
アンゴラ・カシミヤのコートによくある表面の柔らかい毛だけ、虫に食べらてしまいました。
意外と段差ができてしまい、目立ちます。
それを、分からないように直しました。
続きはこちらから↓
 関連リンク: http://cleaning-bell.jp/archives/2326


●捨てるのは「もったいない」 〜ネクタイのシミ〜 『わが社の一押し』
11月に結婚式の出席予定があるお客様が、ネクタイを見たら…
大きなシミがあって、びっくり!
慌ててご来店されました。
続きはこちらから↓
 関連リンク: http://cleaning-bell.jp/archives/2325


●色が抜けてる!! 〜ジャケットの色抜け修正〜 『わが社の一押し』
タンスに入れた時にはこんなシミなんてなかったのに。。。
写真は、このようにお話になりながら、お客様がお持ちになったジャケットです。
よく見るとシミではなく、色が抜けていました。
続きはこちらから↓
 関連リンク: http://cleaning-bell.jp/archives/2324


●虫食いで、諦めるのは早い! 『わが社の一押し』
よくあるウールのセーターの虫食い。
もう着れない!
なんて、思うのはまだ早いですよ。
もったいないので、穴をふさぎ直して、目立たなく直しませんか?
クリーニングベルなら、ご対応可能です!
続きはこちらから↓
 関連リンク: http://cleaning-bell.jp/archives/2323


●よくある『糸引き』の修理もクイック! 『わが社の一押し』
どこで、何にひっかけたかわからない『糸引き』。
意外と、やっちゃうときには、お気に入りの服だったりします。
やってしまうと、気になりますね…
続きはこちらから↓
 関連リンク: http://cleaning-bell.jp/archives/2322


詳細ページにもどる   前のページを見る   次のページを見る