記事一覧
 『漢方薬のまるぜん佐藤』
●老化の予防・発育促進など成長を促す漢方薬! 『おすすめの商品・サービス』
排尿困難、残尿感、頻尿、むくみ、かゆみ、夜尿症、しびれでお困りの方。
■症状から漢方薬を考えてみましょう。

【各種症状】
◆腰・膝が軟弱で体力がない
◆めまい・耳鳴り・難聴
◆頭のふらつき
◆思考力の減退
◆寝汗・遺精
◆手足のほてり
◆咽喉の渇き、口中の乾燥
◆歯痛

【病証の考察】
■腎陰虚・腎陰虚火旺

【選定した漢方薬】
■六味丸

■情報提供:漢方薬のまるぜん佐藤薬局(薬剤師:佐藤善嗣)

※当店では、通販などの方法で販売をしておりません。医薬品等の販売は店頭のみでおこなっております。ご相談は、電話 0247-79-2283(10:00〜19:00)あるいはメール smaruzen@plum.plala.or.jp にてお受け致しております。お気軽にどうぞ!
六味丸
六味丸
●濃い色の尿・排尿時の痛み・膀胱に熱感がある方! 『おすすめの商品・サービス』
発熱・熱感・下痢とともに口渇・尿量減少がみられ、いらいら・不眠などをともなうことがあります。
また、濃縮尿とともに血尿・下腹部痛・排尿痛なども生じることが多くみられます。
■症状から漢方薬を考えてみましょう。

【各種症状】
◆尿量の減少
◆尿が出にくい
◆排尿のさいに尿道が痛む
◆排尿後不快感がある
◆口渇
◆胸苦しくて眠れない
◆不安で神経質

【病証の考察】
■膀胱湿熱および陰虚

【選定した漢方薬】
■猪苓湯

■情報提供:漢方薬のまるぜん佐藤薬局(薬剤師:佐藤善嗣)

※当店では、通販などの方法で販売をしておりません。医薬品等の販売は店頭のみでおこなっております。ご相談は、電話 0247-79-2283(10:00〜19:00)あるいはメール smaruzen@plum.plala.or.jp にてお受け致しております。お気軽にどうぞ!
猪苓湯
猪苓湯
●口渇、尿量減少、むくみ、上腹部の痞え! 『おすすめの商品・サービス』
漢方では消化管や内臓器の炎症を裏熱といい、裏熱の状態になると口が渇き、尿の量が少なくなったり、便秘したり、体がかゆくなったり、又口内粘膜が炎症をおこし痛みます。
■症状から漢方薬を考えてみましょう。

【諸症状】
◆黄疸に用いるが、黄疸はなくても使える
◆上腹部がなんとなる張って苦しい
◆心下部より胸部にかけて塞がる感じがする
◆食欲不振
◆便秘の傾向
◆尿量が少なくなる
◆口渇や頭汗があることもある
◆吐き気、めまい

【病証の考察】
■肝胆湿熱

【選定した漢方薬】
■茵ちん蒿湯


■情報提供:漢方薬のまるぜん佐藤薬局(薬剤師:佐藤善嗣)

※当店では、通販などの方法で販売をしておりません。医薬品等の販売は店頭のみでおこなっております。ご相談は、電話 0247-79-2283(10:00〜19:00)あるいはメール smaruzen@plum.plala.or.jp にてお受け致しております。お気軽にどうぞ!
茵チン湯
茵チン湯
●イライラ、不安感、動悸、不眠を訴える! 『おすすめの商品・サービス』
精神疲労・不安が強くて、身体が重だるい方。イライラと不安感とが同時にあることが特徴の症状に効果的。
■症状から漢方薬を考えてみましょう。

【諸症状】

◆高血圧の傾向がある
◆熱がなかなかとれない
◆胸脇苦満がある
◆全身が重く苦しい
◆季肋下や心下が硬く張り、圧痛を感じる
◆臍傍の動悸がある
◆めまい、頭痛、頭重、のぼせ
◆不眠、不安症、憂鬱感がある
◆疲れやすい
◆便秘気味

【病証の考察】
肝鬱心虚・痰湿

【選定した漢方薬】
■柴胡加竜骨牡蛎湯


■情報提供:漢方薬のまるぜん佐藤薬局(薬剤師:佐藤善嗣)

※当店では、通販などの方法で販売をしておりません。医薬品等の販売は店頭のみでおこなっております。ご相談は、電話 0247-79-2283(10:00〜19:00)あるいはメール smaruzen@plum.plala.or.jp にてお受け致しております。お気軽にどうぞ!
柴胡加竜骨牡蛎湯
柴胡加竜骨牡蛎湯
●イライラ・精神不安、のぼせやすい、便秘! 『おすすめの商品・サービス』
ふる血を取り除くと身体が軽〜くなる!
月経前に激しいイライラがあり、頂点に達するものに効果的です。
■症状から漢方薬を考えてみましょう。

【諸症状】
◆月経不順・月経困難
◆不妊
◆口乾
◆手足の煩熱、原因不明の発熱、のぼせ
◆皮下静脈の青すじ、皮フや粘膜の紫斑、出血斑
◆肌荒れ、頬や口唇の乾燥・あれ
◆便秘
◆精神錯乱・精神不安症状
◆臍より上の痛み

【病証の考察】
血熱血オ・心熱血オ

【選定した漢方薬】
■桃核承気湯


■情報提供:漢方薬のまるぜん佐藤薬局(薬剤師:佐藤善嗣)

※当店では、通販などの方法で販売をしておりません。医薬品等の販売は店頭のみでおこなっております。ご相談は、電話 0247-79-2283(10:00〜19:00)あるいはメール smaruzen@plum.plala.or.jp にてお受け致しております。お気軽にどうぞ!
桃核承気湯
桃核承気湯
●関節の痛み・腫れ、歩くことが難しい! 『おすすめの商品・サービス』
■関節リウマチは、膠原病の一つに数えられる病気です。
膠原病は自己免疫疾患とも呼ばれ、自分自身の抗体が大きく関係している病といえます。
     
【当店での症例】

■60歳代、女性。やや痩せ型。
舌潤やや紅色・苔薄白。脈細弱。
面相肺・腎経衰弱。

◆朝、手のこわばりがあり、指が硬くて曲げにくい。
◆足の指も腫れぼったい感じがし、下肢全体も曲げ伸ばしがしにくい感じがある。
◆更年期以降に感じたことで、関節リウマチと診断され、通院・服薬中。

■「キュウ帰調血飲第一加減」1回1包1日3回(朝・昼・夕食前)。
■「独活寄生丸」1回1包1日2回(朝・夕食前)。
■「地竜」1回1包1日2回(朝・夕食前)。

◆関節リウマチはその要因を風寒湿の外邪として考え、清熱薬・去風薬・解表薬・利湿薬などを組み合わせたり、加味したりして治療します。

◆リウマチには完治はなく緩解期があるだけといわれますが、自己免疫機能が大きく関係する疾患だけに、漢方薬の果たす役割は大きなものがあると思います。


■情報提供:漢方薬のまるぜん佐藤薬局(薬剤師:佐藤善嗣)

※当店では、通販などの方法で販売をしておりません。医薬品等の販売は店頭のみでおこなっております。ご相談は、電話 0247-79-2283(10:00〜19:00)あるいはメール smaruzen@plum.plala.or.jp にてお受け致しております。お気軽にどうぞ!

●血圧の悩みは、生活習慣の改善から! 『おすすめの商品・サービス』
■高血圧で治療を受けている方は大変に多くいます。日本の国民病ともいえます。
漢方薬では直接血圧を降下させる薬剤はないですが、高血圧傾向にある体質を健全にする作用があります。
     
【当店での症例】

■70歳、男性。やや痩せ型。
舌潤やや紅色・苔薄白。脈細弱。
面相肺経。

◆高血圧の治療をうけており、服薬もしているが、いつも高めだといいます。
◆収縮期が160くらいで、拡張期が100くらい。拡張期の血圧が特に安定しないといいます。
◆2便は正常で、他に気のつく症状はありません。

■「七物降下湯」1回1包1日3回(朝・昼・夕食前)。

◆服用開始から、疲労感があったのがなくなり、乾燥していた肌に張りが出てきたと喜ばれました。

◆服用開始3ヶ月あたりから、拡張期血圧が80、収縮血圧が140くらいの数値を示すようになったようです。

◆血圧への効果は直ちには出ませんでしたが、本人は気に入って継続服用しています。


■情報提供:漢方薬のまるぜん佐藤薬局(薬剤師:佐藤善嗣)

※当店では、通販などの方法で販売をしておりません。医薬品等の販売は店頭のみでおこなっております。ご相談は、電話 0247-79-2283(10:00〜19:00)あるいはメール smaruzen@plum.plala.or.jp にてお受け致しております。お気軽にどうぞ!
七物降下湯
七物降下湯
●手や足の筋肉が弱くやせてきた! 『おすすめの商品・サービス』
■漢方相談は多岐にわたるといえども、難病の相談には答えを窮することがあります。
今回は、電話での問い合わせです。ALS(筋萎縮性側索硬化症)について質問をいただきました。
     
【当店での症例】

■60歳代、男性。中肉中背。

◆6ヶ月ほど前、手や足があがらない、歩きにくい、走りにくい、疲れやすい、筋肉がピクつくなどの症状が現れ受診。
◆ALSと診断を受け、治療に専念しているが、漢方薬でいいものはないかという質問でした。

◆ALSは呼吸器などの筋肉が麻痺する球麻痺が起こることがあり、嚥下障害、飲み込み困難、舌の動きが低下するなど、内服治療がむずかしいケースが多々あります。

◆肝は将軍の官。肝は血を蔵す。肝は筋を生じる。
◆心は君主の官、神明を主る。心は血を生ず。心は血脈を主る。
◆腎は精を蔵す。腎は骨髄を主り、脳に通ず。

◆筋の動きを活発にするためには、質の良い気血の運行を良好にしなければならないと考え処方を選定してみました。

■「鹿茸大補湯」1回6錠1日3回(朝・昼・夕食前)。
■「柴胡桂枝湯」あるいは「柴胡桂枝乾姜湯」1回1包1日3回(朝・昼・夕食前)。
■「霊黄参」1回2カプセル1日2回(朝・夕食前)。

◆お答えはいたしましたが、難病の治療は難しく、とても慎重にしなければなりません。患者さんを目の前にしていない私に答えられる限界でした。


■情報提供:漢方薬のまるぜん佐藤薬局(薬剤師:佐藤善嗣)

※当店では、通販などの方法で販売をしておりません。医薬品等の販売は店頭のみでおこなっております。ご相談は、電話 0247-79-2283(10:00〜19:00)あるいはメール smaruzen@plum.plala.or.jp にてお受け致しております。お気軽にどうぞ!
鹿茸大補湯
鹿茸大補湯
●熱は高くないが、寒気・ふるえがする! 『おすすめの商品・サービス』
■急性熱病は、人によって様々な症状をあらわします。
漢方での治療は、あらわれる症状によって処方薬を選びます。
     

【当店での症例】
■50歳代、男性。170cm、70kg。やや太りぎみ。
舌潤淡紅・苔薄黄。脈表数。
面相肺・脾経。顔色やや赤みがある。

◆寒気がひどく、ふるえるくらい寒いという。
◆熱は37度、脈は数脈で浮いている。
◆食欲はまったくなく、食べたいと思わないという。

■「葛根湯」 最初だけ1回2包、後は1回1包1日3回。温服。
◆1日で寒気と熱感がとれる。
◆便が軟らかくなり、水様便のことがあるという。
◆咽喉の渇き、舌が薄い黄、小便の回数が少ない。

■「五苓散」 1回1包1日3回。
■「白虎加人参湯」 1回1包1日3回。
◆1日分で水様便は改善。
◆何となく身体がだるい感じがする。

■「小柴胡湯」 1回1包1日3回。
◆2日分服用でほぼ全快。

◆熱が裏に入ると治癒までに日数がかかることが多いが、今回のケースでは、しっかりと服薬をしたことが全快を早めた結果ではないかと思います。

■情報提供:漢方薬のまるぜん佐藤薬局(薬剤師:佐藤善嗣)

※当店では、通販などの方法で販売をしておりません。医薬品等の販売は店頭のみでおこなっております。ご相談は、電話 0247-79-2283(10:00〜19:00)あるいはメール smaruzen@plum.plala.or.jp にてお受け致しております。お気軽にどうぞ!
葛根湯
葛根湯
●連日の宴会ですっかり胃が疲れてしまった! 『おすすめの商品・サービス』
■脾胃は水を嫌う。のみ過ぎ・冷水の取りすぎなどは、胃の働きを低下させ、体調を崩す原因になりやすいものです。
     
【当店での症例】

■50歳代、男性。170cm、60kg。やや細身。
舌潤淡紅・苔白。脈細弱。
面相肺・脾経。顔色白い。

◆普段から胃は丈夫なほうではない。5日間宴会が続いたら、胃のあたりに違和感・痛み・もたれがでてきた。
◆食欲は旺盛でない。食べたくないという感じはない。
◆胃のあたりが痞えるような感じがする。

■「平胃散」 1回1包1日3回。
■「安中散加茯苓」 1回1包1日3回。

◆お酒ののみ過ぎ、疲れなどにより湿困脾胃・胃寒がみられる。

◆1日分服用で胃が落ち着いてきた。

◆もたれ・痛みがとれた。

◆追加で7日分を服用後、中止する。


■情報提供:漢方薬のまるぜん佐藤薬局(薬剤師:佐藤善嗣)

※当店では、通販などの方法で販売をしておりません。医薬品等の販売は店頭のみでおこなっております。ご相談は、電話 0247-79-2283(10:00〜19:00)あるいはメール smaruzen@plum.plala.or.jp にてお受け致しております。お気軽にどうぞ!
平胃散
平胃散
詳細ページにもどる   前のページを見る   次のページを見る