記事一覧
 【岩代國産まわた本舗】 (C)「いりきんまわた」の石川彦太郎商店
●☆2007年、【黄金繭のまわたふとん】「高島屋通販 プレミアム夏号」に掲載。 『わが社の一押し』
ぐんま黄金繭で作った入金真綿ふとん。秩父ちぢみ生地を使用。
















SILK SO GOOD
 関連リンク: http://blog.goo.ne.jp/mawatayasan134
 添付ファイル: s-takashimaya1.jpg (232KB)
黄金繭で作ります。 (25KB)

夏 肌掛まわたふとん
夏 肌掛まわたふとん
●☆「福島からはじめよう!」 背負いまわた 《低温火傷なし・カイロのような》 『わが社の一押し』
背負い真綿
1,298円♪税送料別「まわた」は天然のエアコン♪








詳しくはこちら
みなさま、どうぞ福島県を応援してください!!東京都有楽町ジャパンシルクセンターに登場!
「うつくしま ふくしま」が好きです。風評に惑わされないで。ここからショッピング♪
 添付ファイル: 煮繭 大きなサイズ90p×40p。真綿が良いと薄く展びるんです。(^^)/ (323KB)
09kaku001.jpg (104KB)

かるく あたたかい ぬくぬく♪
かるく あたたかい ぬくぬく♪
●☆☆文楽・歌舞伎にも「真綿」が使用されています!☆☆ 『わが社の一押し』
長年文楽・歌舞伎にも「真綿」が使用されています!
 添付ファイル: s-P1070515.jpg (283KB)


●☆伊達正宗の次女牟宇(むう)姫は、宮城県角田市の石川家へ☆ 『わが社の一押し』
平安時代、福島県石川地方の石川氏は、戦国時代伊達家の
家臣になり、家臣の中でも石川は、筆頭となりました。
伊達正宗の次女牟宇姫(五郎八姫の妹)は、宮城県角田市の石川家へ嫁いでいたのです。










(宮城県角田市商工観光課)
我が家の家紋も笹竜胆です。
 添付ファイル: DSC02626_R.JPG (101KB)


●☆☆炭素繊維の5倍強度「クモ糸シルク」や「光るシルク」!!☆☆☆ 『わが社の一押し』
現在、炭素繊維の5倍強度「クモ糸シルク」や「光るシルク」が研究開発中です。「クモ糸シルク」の自動車や飛行機ができるかも知れませんね。スパイダーマンもビックリ!!
 添付ファイル: s-silkspider2.jpg (148KB)


●◇東京新聞 岳人(がくじん)8月号掲載 いりきんまわた◇ 『わが社の一押し』
東京新聞出版「岳人」に「入金真綿」掲載されました。






「こんなステキなにっぽんが」NHK BS で登場した「佐藤キエさん」です。「背負い真綿」は、昔から登山者の間で重宝されていました。
詳しくはこちらをクリック!
背負い真綿をクリック!登山のお供にぜひ。(^o^)丿♪
イラスト 東京新聞 岳人(がくじん)8月号掲載
イラスト 東京新聞 岳人(がくじん)8月号掲載
●☆☆「真綿は防弾チョッキ」 でもあった!!【真綿は、ハンパない最強の繊維】☆☆ 『わが社の一押し』
《元寇》「蒙古来襲」
〈防弾チョッキ〉矢弾を防ぎ身を守るほどの強さがあることから、戦闘衣(甲冑)も真綿で作られました。
☆当時の「綿」=「真綿」のことを指しています。
「綿〈棉〉」は、だいぶ後に日本に入ってきてます。
第一次、第二次大戦「軍需真綿」も存在していました。

●☆☆2018年福島県春繭集荷始まる。☆☆ 『わが社の一押し』
《若干値上げの予感!!??》
お天気に恵まれ、作柄も良好。
良い繭が獲れました。
 添付ファイル: s-DSC02693.jpg (318KB)


●☆【岩代國産真綿】「いりきんまわた入金真綿」☆ 『わが社の一押し』
《がんばろう ふくしま!!  負けるな 福島!!》

四百年の伝統。すべて国産・てづくり。
































商標登録済み。

●☆近畿地震、お見舞い申し上げます。大阪・高島屋登場「極上入金真綿ふとん《絹ごこち》」☆ 『わが社の一押し』
被害に遭われた皆様、衷心よりお見舞い申し上げます。
「がんばっぺ! 近畿!!」、「がんばれ 近畿!!」


☆四百年の伝統《入金真綿》
☆蚕糸提携グループ『日本のお蚕さん発展協議会』の一員です。
コシノジュンコさんも登場。
 添付ファイル: 大阪高島屋 (312KB)
絹ごこち (199KB)

コシノジュンコさんデザイン
コシノジュンコさんデザイン
詳細ページにもどる   前のページを見る   次のページを見る