記事一覧
 【岩代國産まわた本舗】 (C)「いりきんまわた」の石川彦太郎商店
●◇日本経済新聞に掲載されました! 【真綿のチカラ09.02.】◇ 『お得情報』
日本経済新聞「温故知新のエコライフ」に掲載されました!







秋田県在住のご婦人さまより、「日本経済新聞『温故知新のエコライフ』を見たんだけれど、真綿を売ってくれますか?」とのお電話を頂きました。(^o^)丿♪
秋田県在住のご婦人さまより、「日本経済新聞『温故知新のエコライフ』を見たんだけれど、真綿を売ってくれますか?」とのお電話を頂きました。(^o^)丿♪ここからショッピング♪
09.02.06日本経済新聞に掲載。
09.02.06日本経済新聞に掲載。
●09.07.10 NHK総合「ここに技あり」放送されました! 『お得情報』
09.07.10 NHK総合「ここに技あり」放送されました!







WAHAHA本舗 佐藤正宏さん
「ここに技あり」をクリック!
ここからショッピング♪
まわたのばし作業
まわたのばし作業
●☆☆「人命救助」で地元警察署から表彰されました(^o^)丿♪☆☆ 『お得情報』
2014.1/9 一人暮らしの男性が家の中で倒れているのを発見、救護のため緊急119番通報。脳梗塞の男性は命を取り留めた。ご近所さんの「絆」は大事ですね。(*^-^*)
ここからショッピング♪

●☆☆国産 黄金繭 とキラキラ光る黄金色の真綿☆☆ 『おすすめの商品・サービス』
◆黄金色の繭があるんです!「国産黄金繭」。 詳しくはこちら
これで、入金真綿をつくり、ふとんに加工しています。(^o^)丿♪ 
2007年高島屋百貨店通販掲載
 添付ファイル: 「国産黄金繭」と「川俣産上繭」 (229KB)
「国産黄金繭」で作った入金真綿 (227KB)
宝くじと国産黄金繭……当たるかも? (302KB)

希少な繭です。
希少な繭です。
●☆昭和初期「真綿生産」は、重要な産業の一つでした☆ 『わが社の一押し』
福島県伊達市保原町では、家族三人が並んで「入金真綿かけ」を
しているのが普通で、どこでも見られる光景でした。












問屋制家内工業。

●☆☆文楽・歌舞伎にも「真綿」が使用されています!☆☆ 『わが社の一押し』
長年文楽・歌舞伎にも「真綿」が使用されています!
 添付ファイル: s-P1070515.jpg (283KB)


●☆☆「真綿は防弾チョッキ」 でもあった!!【真綿は、ハンパない最強の繊維】☆☆ 『わが社の一押し』
《元寇》「蒙古来襲」
〈防弾チョッキ〉矢弾を防ぎ身を守るほどの強さがあることから、戦闘衣(甲冑)も真綿で作られました。
☆当時の「綿」=「真綿」のことを指しています。
「綿〈棉〉」は、だいぶ後に日本に入ってきてます。
第一次、第二次大戦「軍需真綿」も存在していました。

●☆☆2018年福島県春繭集荷始まる。☆☆ 『わが社の一押し』
《若干値上げの予感!!??》
お天気に恵まれ、作柄も良好。
良い繭が獲れました。
 添付ファイル: s-DSC02693.jpg (318KB)


●☆近畿地震、お見舞い申し上げます。大阪・高島屋登場「極上入金真綿ふとん《絹ごこち》」☆ 『わが社の一押し』
被害に遭われた皆様、衷心よりお見舞い申し上げます。
「がんばっぺ! 近畿!!」、「がんばれ 近畿!!」


☆四百年の伝統《入金真綿》
☆蚕糸提携グループ『日本のお蚕さん発展協議会』の一員です。
コシノジュンコさんも登場。
 添付ファイル: 大阪高島屋 (312KB)
絹ごこち (199KB)

コシノジュンコさんデザイン
コシノジュンコさんデザイン
●☆石彦の入金いりきん真綿  5枚10g〜12.5gくらい入り670円( 税別 /送料別)☆ 『わが社の一押し』
400年の伝統。石川彦太郎商店の【入金真綿】が横浜市「シルク博物館」に収蔵されています。






詳細はこちらをクリック!
弊店のいりきんまわたは本場結城紬向けの原料糸になっております。国産、特に主として地元福島県産の繭を伊達市の「飲料水」で煮繭。
食品添加物の「重曹」を使用して煮繭。安全面にも配慮しております。【一袋の中に5枚入っています。一袋670円( 税別 /送料別)です】業務用ふとん用真綿、入金真綿 特太陽、生掛 750g(約420枚入)も取り扱っております。18,000円/kg税別〜
ここからショッピング♪
【一袋の中に5枚入っています。一袋670円( 税別 /送料別)です】
【一袋の中に5枚入っています。一袋670円( 税別 /送料別)です】
詳細ページにもどる   前のページを見る   次のページを見る