記事一覧
 雨竜町商工会
●「今後の商工会、広域連携協議会の運営に関する説明会」 『商工会よりお知らせ』
小規模基本法の施行により小規模支援法が改正され、経営発達支援事業計画を作成し認定を受けなければなりません。新江竜広域連携協議会の共同事業として説明会を2月25日に新十津川町商工会で開催しました。雨竜からは7名の参加で連合会藤谷参事、星主幹及び可児主幹から説明がありました。当商工会も計画の作成及び申請の準備をいたします。

●平成27年度保険料率改定のお知らせ 『商工会よりお知らせ』
【協会けんぽ北海道支部からのお知らせです】
平成27年度の保険料率改定について
衆議院の解散に伴い、平成27年度政府予算編成が遅れたことから、平成27年度の健康保険料率ならびに介護保険料率の決定が遅れました。
このため、保険料率の変更が例年より1か月遅れの4月分(6月1日納期分)からとなります。
平成27年度の健康保険料率は10.14%(+0.02%)、介護保険料率は1.58%(-0.14%)と、健康保険料率は引き上げざるを得ない結果となりました。
厳しい経済状況の中でございますが何卒、ご理解をいただきますようお願い申し上げます。
 関連リンク: http://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/hokkaido
 添付ファイル: 保険料率変更案内 (408KB)

●印紙税の非課税範囲の拡大について 『商工会よりお知らせ』
現在「金銭又は有価証券の受領書」については、記載された受領金額が3万円未満のものが非課税とされていますが、平成26年4月1日以降に作成されるものについては、受領金額が5万円未満のものについて非課税とされることとなりました。
金銭又は有価証券の受取書に係る非課税範囲
現行 3万円未満
平成26年4月1日以降 5万円未満
 添付ファイル: 印紙税非課税範囲.pdf (116KB)

●介護保険料率引き上げのお知らせ 『商工会よりお知らせ』
協会けんぽ北海道支部からのお知らせです。

平成26年度の健康保険料率は、準備金を取り崩して10.12%に据え置くことといたしましたが、平成26年3月分(4月納付分)からの介護保険料率につきましては、1.72%(平成25年度:1.55%)に引き上げざるを得ない状況になっております。
厳しい経済状況の中ではございますが、何卒ご理解をいただきますようお願い申し上げます。

お問い合わせ先:協会けんぽ北海道支部
電話:011-726-0352(代表)
 関連リンク: http://www.kyoukaikenpo.or.jp/home/shibu/hokkaido/cat080/h26_ryouritsu
 添付ファイル: 料額表 (131KB)

●リンク集を作成しました 『商工会よりお知らせ』
簡単ですが、商工会関連と雨竜町関連のリンクを作成致しました。是非ご利用ください。
●雨竜沼湿原 『観光・みどころ』
標高850mの台地に東西4km南北2kmにわたって広がる雨竜沼は、日本有数の山岳型高層湿原帯。
大小数十個の池塘(ちとう)と呼ばれる沼が点在し、春の雪解けから秋までに200種以上の花や植物が観察できます。
特に、7月上旬から8月上旬までの短い夏の間には、エゾカンゾウをはじめ多くの花々が一面に鮮やかに彩ります。
学術的にも貴重なこの自然は、1964年北海道天然記念物に、1990年には暑寒別天売焼尻国定公園に指定されています。
湿原の中には1周約3.5kmの木道があります。
 関連リンク: http://www.uryunuma.info/

雨竜沼湿原
雨竜沼湿原
詳細ページにもどる   前のページを見る