記事一覧
 北海道商工会女性部連合会
●「女性部指導者中央研修会」を開催 『女性部よりお知らせ』
 道商工女性連は、5月9日総会終了後に「女性部指導者中央研修会」を開催し、全道から243名の女性部員等が出席しました。
 初めに道内4ブロックの代表者にて主張発表大会が行われました。 大会最優秀賞となる「北海道知事賞」には、「女性部活動と地域振興・まちづくり〜ご当地カレーでまちを元気に!」と題して発表した湧別町商工会女性部深澤繁子さんが選ばれました。
 深澤さんは、7月に札幌市で開催される東北六県・北海道商工会女性部主張発表ブロック大会に北海道代表として出場いたします。
 続く講演会では、「売れるモノは何が違うか?〜北海道の食と観光・編集者視点から〜」と題して、北海道バリュースコープ株式会社「ぐうたび北海道」編集長の村澤規子氏が講演を行い、「皆さんのパワーに編集力を加えて、北海道をもっともっと魅力的にしてください」と訴えました。

●5月9日、通常総会を開催 『女性部よりお知らせ』
 道商工会女性部連合会の通常総会が、全道から149名の女性部長が出席し、5月9日に札幌市内で開催されました。
 平成30年度事業では、「部員の加入促進運動」を継続して取り組む他、11月に「結成50周年記念式典」を開催すること、「なでしこ経営者育成塾」をはじめとした資質向上対策事業などの計画案が承認されました。
 また、任期満了による役員の改選を行い、あさひかわ商工会女性部の国沢広子部長が新会長が選任されました。
 なお、新役員は別添のとおりです。
 添付ファイル: H30役員名簿.pdf (89KB)
H30北海道商工会女性部連合会役員紹介.pdf (367KB)


●平成29年度「なでしこ経営者育成塾」開催 『女性部よりお知らせ』
 道商工女性連は、金融知識や決算書の見方等を習得し、自社の経営状況の把握と経営改善を図ることを目的とし、「なでしこ経営者育成塾」を、1月30日〜2月1日の3日間札幌市で開催しました。
 研修は、1日目と2日目を基礎コース、3日目を応用コースとし、全道から基礎コース14名・応用コース13名の女性部員が参加しました。
 講師には、中小企業診断士の平野陽子氏・安達陽子氏、税理士の小山僚子氏を招き、1日目は国の政策や金融知識、銀行取引、債権管理手法等について学び、2日目は、事例企業の決算書について、収益性や安全性の経営分析を行い、改善計画の作成演習を行いました。
 3日目の応用コースは、各自が持参した決算書に基づき、自社の経営分析を行い、数字から見える問題点や課題を整理しました。
 参加者からは「初めて経営指標というものを知り、決算書の見方が変わった。もっと詳しく勉強し、感覚的な経営から脱却しなければと感じた。」等の感想があり、改めて企業経営への意識の向上が図られました。

●車椅子の寄贈について 『女性部よりお知らせ』
 道商工女性連では、社会に貢献する事業の一環として、リングプルの回収により道内福祉団体等に車椅子を寄贈しております。
 平成28年度のリングプル回収は、繰越分を合わせて車椅子2台分の実績となり、奈井江町商工会女性部と北斗市商工会女性部を通じて次の団体に寄贈されました。

平成29年度 寄贈先
◆奈井江町役場
◆特別養護老人ホーム清華園(北斗市)

●平成29年度「女性部員経営者育成研修会」開催 『女性部よりお知らせ』
 道商工女性連は、11月22日にホテル札幌ガーデンパレスにて女性部員経営者育成研修会を開催し、全道から約320名が出席しました。
 初めに、若手後継者等育成事業の一環として実施した「代表者視察研修」や「業務体験研修」等の実施について、参加者より報告をいただきました。
 続いて、「オンリーワンビジネスモデルの発明法 〜異業種連携と働き方改革は女性の感性あってこそ〜」と題して、株式会社いただきますカンパニー代表取締役の井田芙美子氏に講演いただきました。
 講演では、観光と農業を連携させ、日本初の仕組みである「畑ガイド」を生み出した経緯や、農村景観を楽しみながらそこでできた作物を食べる「農場ピクニック」というツアーを企画していることなど、新しいビジネスモデルを生み出すヒントとなるお話をいただきました。
 研修終了後の交流会では、女性部員の工夫を凝らしたアトラクションが披露され、和やかな雰囲気の中で参加者は交流を深めました。

●平成29年度「第2回女性部員業務体験研修」開催 『女性部よりお知らせ』
 10月5日、女性部員を対象に、「5S活動で取組む現場改善研修」と題して研修会を開催し、全道から22名が参加しました。
 5Sとは、職場環境の維持改善で用いられるスローガンで、「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「しつけ」の頭文字のSをとったものです。5S活動は企業活動の基礎・基盤を形づくる活動で、生産性やモチベーションの向上、不要在庫の排除等、様々な課題の解決に繋がります。
 講師には、中小企業診断士の河田真清氏を招き、現場改善と5Sの概念を学んだ後、ネック工程を探る折り紙を使った机上演習や自社の現場の写真を使った5S実践計画の作成など、実習形式で研修を行いました。
 参加者からは、「5S実施計画を立てて現場改善を実践していきたい」「折り紙を使った研修は本当に分かりやすく、仕事の取組方法や様々な改善方法が示唆されていて大変参考になった」などの感想がよせられており、参加者の今後の現場改善による業務効率化や経営環境改善が期待されます。

●平成29年度「第1回女性部員業務体験研修」開催 『女性部よりお知らせ』
 9月14日、女性部員を対象に、「魅力ある売場づくり」のため「手書きPOP」を活用した販売促進手法について、実習を交えた研修会を開催し、全道から33名が参加しました。
 講師には、東京でデザイン事務所を経営し、WEBでPOPの学校等を運営している山口茂氏を招き、「売場づくり」の概念からPOPを活用した「見せ方」や「付加価値の付け方」などを学んだ後、教材を用いた実習を行いました。
 「手書きPOP」研修は、昨年度から引き続き開催するもので、薄れつつある「手書き」の持つ温かさなどの魅力に着目し、いわば「デジタル」から「アナログ」への回帰をテーマとしています。
 参加者からは、「売り場を作る際はターゲットを明確にし、客層を絞りアピールをすることが大切だと気付いた。」「POPの基礎を実践できた。すぐにでも売場に取り入れたい。」「字の書き方まで教えていただき大変参考になった。」等の感想が寄せられており、今後、POPを活用した魅力ある店づくりが全道に広まることを期待しています。

●「東北六県・北海道商工会女性部交流研修会」開催 『女性部よりお知らせ』
 「平成29年度東北六県・北海道商工会女性部交流研修会及び第17回東北六県・北海道商工会女性部主張発表ブロック大会」が、7月12日・13日の両日、秋田市内のホテルで開催され、道内からの53名を含め405名の女性部員が参加しました。
 主張発表ブロック大会では、各県・北海道から選ばれた代表者7名が「女性部活動に参加して」「女性部活動と地域振興・まちづくり」の各テーマに沿って活動内容等について発表を行い、北海道代表として木古内商工会女性部の手塚恵子部長が優秀賞を受賞しました。
 続く研修会では、「地方を元気に変えていく女性たち」と題して、日経BP社執行役員の麓幸子氏が基調講演を行い、「意欲的な女性にとってチャンスの時代が到来しており、自分の可能性を信じて新しいことに果敢に挑戦してほしい」と訴えました。
 研修終了後の交流会には352名が参加し、各県の工夫を凝らしたアトラクションが披露され、和やかな雰囲気の中で参加者は交流を深めました。
 次年度の本研修会は、7月に札幌市で開催することから、道商工女性連の石本留美子会長が「来年は、是非北海道へお越し下さい」と閉会の挨拶を行い、交流会を締めました。

●5月10日、通常総会等を開催 『女性部よりお知らせ』
 道商工会女性部連合会は、5月10日(水)ホテル札幌ガーデンパレスにて平成29年度通常総会を開催いたしました。
 平成29年度事業では、女性部組織の拡充・強化を図るため加入促進運動を継続的して取り組むほか、「なでしこ経営者育成塾」など若手後継者等育成事業を始めとした計画案が原案通り承認されました。
 また、総会終了後に開催された「女性部指導者中央研修会」では、道内4ブロックの代表者にて主張発表大会が行われました。
 大会最優秀賞となる「北海道知事賞」には、「女性部活動と地域振興・まちづくり〜ご当地グルメで消滅する町ワースト5から輝く女性部bPに」と題して発表した木古内商工会女性部手塚恵子部長が選ばれました。
 手塚部長は、7月に秋田県で開催される東北六県・北海道商工会女性部主張発表ブロック大会に北海道代表として出場いたします。

●車椅子の寄贈について 『女性部よりお知らせ』
 道商工女性連では、社会に貢献する事業の一環として、リングプルの回収により道内福祉団体等に車椅子を寄贈しております。
 平成27年度のリングプル回収は、繰越分を合わせて車椅子3台分の実績となり、平成22年度に商工会地域への寄贈を開始し、このたび、全管内に車椅子を寄贈することとなりました。
 皆様のご協力に感謝申し上げます。
平成28年度 寄贈先
◆遠別町生涯学習センター マナピィ・21
◆清水町社会福祉協議会
◆町立別海病院
別海町への寄贈
別海町への寄贈
詳細ページにもどる   次のページを見る